↓↓↓無料登録↓↓↓

【意外にも】YouTubeの再生4,000時間&登録者1,000人ルールは全く問題ない!


YouTubeで稼ぎたい人に悲報!!収益化開始の条件が厳しくなります。

先日、こんなアナウンスがYouTubeさんからありましたね。

2018年2月20日から、YouTubeパートナープログラムの参加基準が新しくなります。新しい基準では、プログラムに参加するためには過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上であることが必要となります。詳細についてはYouTubeクリエイターブログをご覧ください。

つまり、これからYouTubeでアドセンス収益を得るアフィリエイター活動を開始したい人は、投稿した動画がまず4,000時間以上再生され、チャンネル登録者も1,000人以上いないと、アドセンス広告を表示させることが出来ない、つまり1円も稼げないということになります。

えっ、YouTuberになるためには、そんな人気チャンネルを作らないと収益化出来ないの!?

って思った人は多くいると思います。また、最近YouTubeを始めた人は、ハードルがいきなり上がってモチベーションがダダ下がりになっていたりして。

昨年も、合計の視聴回数が10,000回を超えないとそのチャンネルでは収益化出来ない、というルールが加わったばかりです。

なんというか、YouTubeさんは『締め出し』を強化しているんじゃないか、という印象ですね。

もう、YouTubeアフィリエイトはダメだ〜!!!!

って雰囲気が漂ってますねえ。

 

ところが、よく考えてみると問題ないんじゃないのか?

私は2006年からYouTubeでの動画投稿をやっています。収益化は2011年から。開設したチャンネルは実に100個以上。様々なシチュエーションを体験してきました。

その私が申し上げると、今回の総再生時間4,000時間&登録者1,000人ルールは、稼ぐ上で全く問題ないはずの話です。

何故かというと、総再生時間4,000時間程度で稼げるアドセンス報酬は数千円〜数万円にしかならないからです。

私の所有チャンネル2つでサンプリングしてみましたが、再生時間に対しての収益額は、大まかには、

チャンネル1: 26,000時間再生で48,000円
チャンネル2: 20,000時間再生で62,000円

となっています。

つまり、

チャンネル1は4,000時間再生あたり約7,000円
チャンネル2は4,000時間再生あたり約12,000円

ということになります。この程度です。

ここは考え方によりけりですが、YouTubeパートナープログラムに参加してアドセンスで動画を収益化する目的としては、毎月何万円とか何十万円の継続的な報酬獲得を目標に始める人が殆どではないでしょうか。

ならば、最初の数千〜数万円分が収益化されないからといって、『これは厳しいからや〜めた!』となるのはおかしくないでしょうか???

YouTubeアドセンスで稼げている状態というのは、何万時間も再生されて、何千人も登録者が生まれている状態ですからね。

初心者が知っておくべき知識を網羅したDr.YTのメルマガはコチラ

最初の1万円だけ欲しい!その後はもうやらないからOK!!という人以外は、今回のルール変更は問題ないんじゃないかと。

そして、最初の稼げない低空飛行がじっくり出来るかどうか。この本気度をYouTubeさんも見ているんじゃないかな、と。

 

何故YouTubeはこんな参入障壁を設けたのか

ここ2年くらい、YouTube系情報商材を実践している人達によるパクリ動画、テキストスクロール系動画の投稿でYouTubeが荒れていたのは事実です。

また、YouTubeアドセンスに甘い夢を見てクオリティ無視の『釣り』動画を量産する人が世界的に増え続けているため、対策として今回のような措置を取っていると思って間違いないでしょう。

それと、影響力のある人気YouTuberでも行儀の悪い人が増えているので、エグい表現をした内容についても徐々に規制が強くなっていくと予想します。

気軽にグレーなノウハウをやり、結局挫折してポイしてしまう人が増えているので、そういう人達の『やる気を削ぐ』方法をYouTubeさんも日々考えているという感じですね。

YouTubeも黎明期にはヤバい方面の動画が大量にアップロードされていて、それが集客のキモにもなっていたわけですが、今ではそのようなマッドなコンテンツに頼らずとも、潤っているのがグーグルさんでありYouTubeさんなのです。

結論を言うと、今回の総再生時間4,000時間&登録者1,000人ルールというのは、稼げている人にとっては全く問題ないものであり、稼げていない人にとってもどの道稼げないんだから全く問題のないものなんです。ただ、累計報酬数百円〜数千円のステージにいるグレー&ブラックな投稿者、やる気の薄い初心者が締め出されるということはあると思います。

収益的に全然アドセンスに貢献していないけど粗悪なコンテンツはバラまいている、なんていうユーザーが本当に増えてきているんだと思います。そういう人は結局稼げないんだから、最初から来ないでください!みたいな厳しさを感じますね。。

それから、カネになってもならなくてもやりたい、動画投稿をYouTubeで純粋に楽しみたい、という人を増やして、そういう人達に利益を提供したいという理念もあるんじゃないでしょうか。私にしても、最初の4年は収益化と関係なしに趣味でやってましたからね。順序としては、アドセンス収益が欲しいからじゃあ何やろうか?だと向こうは嫌だ、と。

だから、根本の『楽しむ』から始めていこうよ、というメッセージと思って受け止めればいいのかな、とも思った次第であります。私は賛成です。

 

アドセンスで稼げない時期をどう切り抜けるか?

もとより、ブログにしても動画にしても、最初のうちはアクセスが集まらないものです。なのでそこで展開しているアドセンス収益もチョボチョボといったところでしょう。

しかし、しばらくの低空飛行の後は一気に跳ねることも多い世界です。稼げない時期をしっかりやり抜くことが大事です。

 

 

でも、初心者が『これ、全然ダメじゃん…このまま稼げないんだったらやる意味ないよね。。』と思ってしまうのは当然のこと、というのは私も理解しています。

だから、私はメルマガ読者さんや私のコンサルを受けているクライアントさんに『全然大丈夫です。気にせずドンドン実践してください。この低空飛行をやり抜いたら、勝ったも同然です!!』と力強く励ますんですね。

プロ、専門家からそう言われたら、ああこれは続けていいものなんだ、と思えますし、実際、続ければ殆どの人は光が見えてきますので。^^

ネット起業に夢を感じていて、これからこの業界で何百万とか何千万とか稼ぎたいとお考えの方であれば、この低空飛行をやり抜くという感覚は絶対持っていなければなりません。最初からガッポガッポというわけにはいきませんが、継続は力なりです。正しいやり方で継続すれば、稼げない方が難しいです。

今回のルール変更は、逆にライバルが大きく減るチャンスぐらいに思っておけばいいんじゃないでしょうか。はい。

 

YouTubeのアドセンスアフィリで稼ぐのはもう難しいのか?

前述の通り、YouTuberとしてネットビジネスに参入するのにハードルが高くなっていると言われています。

以前と比べて相対的にはそうなんですけど、普通にじっくり腰を据えて楽しみながら動画投稿すれば、稼ぐのは難しくないと思いますけどね。

ただ、私がYouTube収益化を始めた頃のように、楽しみで動画制作をしていて、そこにマネタイズを絡ませよう!というマインドでない場合は、別の方法で副業を始めた方がスムーズだと思います。

具体的には、ブログ運営でアドセンス報酬を稼ぐアフィリエイトが最も安心確実に稼げます。私はこれを始めたことで、一気に月収400万まで増収がブーストしました。

特にトレンドアフィリエイトはサイト制作や検索エンジンのあれこれを学ぶのに最高の学習&練習になりますので、今後ネット起業の分野で活躍したいという人には強烈にオススメします。

そのへんのことはDr.YTのメルマガで初心者向けに面白おかしく(?)解説していますので、まずは触れてみてください〜。


Dr.YT公式メルマガ
ネットビジネス ブログアフィリ

    メルマガ登録フォーム  



2018-01-18 | Posted in YouTube攻略Comments Closed 

関連記事