↓↓↓無料登録↓↓↓

white_stinger_header2

ライザップの集客ノウハウに学ぶネットビジネス副業の挫折防止方法!


ライザップはなぜ挫折者が出にくいのか!?その秘密はこれだった

ライザップはなぜ挫折者が出にくいのか

短期間でブヨンブヨンがムッキムキになると評判のライザップですが、あそこに入会してトレーニングする人って、挫折率がガチで低いそうですね。その挫折率、なんと4%程度なんだそうですよ!

…こう聞くと、どれだけ優れたプログラムやねん、って思いますよね。でも、違うんです。初めから挫折しない人だけを入会させているんです。

というのも、ライザップは勧誘時の説明にこういうのがあります。

 

「当店の肉体改造メソッドはとてもハードな内容となっており、入会されると肉体的にも精神的にもとても厳しい2ヶ月間が待っています。」

 

この文言を見て、挫折マインド、三日坊主マインドの人は財布の紐を締めちゃうんですね〜。つまり、ふるいにかけてるんです。

普通、ジムとかフィットネスクラブってやっぱりお客さんには来て欲しいから、「ラクしてラクラク!!」みたいなユルい宣伝文句で誘き寄せたりしてるとこもありますよね。ライザップはその逆を張ったということです。

人間は、監視とか強制とか抑圧という外部からの理不尽によって驚異的なパワーを引き出されてしまう悲しい生き物です。うん、そうですね…たった1人でトレーニング始めて赤井英和さんみたいに変身できたら、相当なメンタルの持ち主のはずですよ。

しかし、ものは考えようです。「ハードなダイエットをする」が目的だと挫ける人も多いでしょうけど、目的を達成すべき理由をしっかり考えれば、いろんなことに頑張れると思うんですよね。

「3ヶ月で赤井英和みたいになれ!」は正直厳しいですが、「3ヶ月で月収を10万増やせ!!」ぐらいだったら、目的をしっかり考えるだけで恐ろしいほど簡単に達成できてしまいますね。少なくともダイエットよりは。

何事も、挫折しないためには「やらない理由」を潰していく、もしくはそんなものは実は存在しないことを確認するのが有効だなと、日々思う次第です。そして目的を正しく定め、結果にコミットする(笑)。これが大事ですね。

今日は、そんな話を始めますよ。

 

インターネット副業で成功するために必要なマインドセット

成功というか挫折しないためには、という話をします。

まず、インターネットビジネスに取り組む人の9割は月に5,000円も稼げないと言われている理由についてです。

これは、非常に単純な話で、「作業量が足りない」もしくは「作業自体をしていない」から稼げていないのです。

なぜ頑張れないのか。

それは、副業には強制力がないからです。

自由意志だったら絶対にやり遂げられないようなしんどくて難しい事の数々を本業(サラリーマン)でやってのけられるのは、悲しい現実ですがそこに「強制力」があるからです。

やらなかったら怒られる、出世に響く、評価が下がる、給料が下がる、クビになる、周囲から厳しい目で見られる…から超絶嫌なことでも必死に頑張れるのです。

もしこれが、やってもいいしやらなくてもいいし、それによって月末に振り込まれる給料の額が増減することもない、のであれば、これまであなたがやってきたしんどい事の数々なんて誰がやるかい、ってことになっているはずですww

義務教育の勉強も同じです。自由意志だったらかけ算九九なんて絶対覚えられないのではないでしょうか。というか、毎日学校に行かないでしょう。宿題やテストがなかったら、机に向かって勉強なんて、ほとんどの人は出来なかったんじゃないでしょうか。

でも何故やったのか。そこには先生や親からの「強制力」があったからです。これはやらなければならないもの、という前提を植え付けられていたからです。

しかし副業は、そのような原動力を与えてくれる、ある意味ありがたいモノがない前提で始めなければなりません。すなわち、自分で自分に仕事を命じなければなりませんから、自分が「今日はやらなくていい」と思ってしまったら、確実にやらなくて済みますよね。誰に叱られることもありません。

ここが、「本業ではあんなに働いているのに副業ではこれほどまでに頑張れない」所以なのです。

だから、「強制力」に替わる原動力を持つことが、今のあなたには必要です。

 

三日坊主を防ぐ具体的な方法(ネット副業マインドセット)

まず、今、1日2〜3時間を捻出してブログを書き、3ヶ月後には月収10万円アップしている自分を想像してみて下さい。「いつか金を握ってイイ思いをしたい…」ではなく、具体的に目標を決めて、そこから逆算して行動を起こして下さい。

1日2〜3時間を捻出して
ブログを書き
3ヶ月後には月収10万円アップ

です。

その次は、それをやらない理由は果たして存在するのか、を考えてみましょう。やらない、ということは稼ぎがこれからも変わらない人生を送り続けて年老いても大丈夫、あるいは本業の給料がそのうち上がる見込みがあるので副業をやらなくても大丈夫、ということでしょうか。

それとも、1日2〜3時間を捻出して月収10万円を手に入れることよりもゲームやテレビ、漫画、ネットサーフィンを楽しむことの方が人生において優先事項であるということでしょうか。

買えなかったものが買えるようになったり借金を完済したり家族を安心させてあげることよりも、現状に甘んじて労働者として日々を送ることの方が自分らしいということでしょうか。

はたまた、ビジネス開始初月でいきなり「1クリックで200万円」とか「コピペでフェラーリ」が叶うノウハウがどこかにあるはずだからそれを追い求めた方がよい、と考えているのでしょうか。

…思うに、副業に取り組んで稼げる前に止めてしまう人は、とても我慢強い人です。何故なら、副業に取り組む理由は本業が経済面で上手くいっていないからなのに、またそこに戻ることを自分の意志で決めるということは、「これからも他人に使われながら稼げない自分のままで貧しい人生を送る」ということを、自覚の有無に関わらず事実上選択しているからです。

…こういう発信をすると、「いや、私は心底、現状から抜け出したいんだ!でも…」という声も聞こえてきそうです。

しかし、本当に現状から抜け出したい人は、退くという感覚がないです。絶対に頑張りますし、「何を頑張れば無駄を省けるか」を考えることも頑張ります。だから、程なく稼げるやり方を発見して、それを愚直に実践します。

私の場合、もっと稼ぎたいし現状維持は嫌だという気持ちが強かったので、ブログアフィリエイトの実践を途中で止める、退く、という選択肢は考えられませんでした。現状に我慢出来なかったからです。だから、このノウハウ実践は絶対にやり遂げる、そしてもし結果が満足のいくものでなかったら、そこから反省材料を得てまた始めよう、と考えていました。

あなたは何故、そんなに我慢強い人なのか?

今後本業で収入が数倍になる見込みのある人や趣味でネットビジネスを楽しみたいという人は別としても…副業でしっかり稼ごうと思った人は、正しいノウハウをやり込む。これが重要です。そして、少額の投資で健康を保ちながら月収100万を目指せるのは恐らくネットビジネスしかないと思うんですよね。利益率がハンパなく高いビジネス…それをやらない理由が果たしてあるのか、を考えたいところです。

そして、これからもあくせく貧乏で家族にも苦労をかけて、大事な人にいい思いをさせてあげられない自分のことを本当に受け入れられるのか。受け入れられるのであれば、それほどまでに我慢強い自分のことを自分自身でどう思うのか、一考してみるとよいでしょう。

そして、

1. ネットビジネスで稼ぎたいけど自分以外の様々な要因で稼げない
2. ネットビジネスで稼げなくてもなんとか我慢して人生を終えられる
3. そんな風なこと考えたこともなかった

この3つのどこに自分が属するのか、考えてみましょう。1.はよく言われる「他者依存」「ノウハウコレクター」系の人です。心が変われば、稼げるようになります。

2.は、そもそも稼ぐ必要がないので大丈夫です。日本に住んでいる限り、命まで取られることはありません。別に貧乏だっていいじゃないですか。世の中はお金が全てではありませんから、これまでの日常に戻って天寿を全うしましょう。

3.は、一番稼げる可能性のある人です。今から考えて、知るべきを知り、実践を続けるだけで月収10万円アップです。決して難しいことではありません。大学受験や何かの資格を取るための勉強よりも、遥かに少ない時間とエネルギーで達成できることです。

会社の給料が3ヶ月で10万上がるのは

どう考えても非現実的ですが、

私、Dr.YTが提唱するノウハウを実践すれば

極めて現実的にそれが達成できるでしょう。

本当は楽しい未来を想像しながら作業するのが楽しいはずなのですが、その考え方だけでは作業量が増やせない、作業自体にどうにも取りかかれないという人は、上記を読んで意識改革していきましょう。

私が月収30万を達成したメソッドを正しく実践さえすれば、程なくして月収10万円の達成は可能です。その未来を手に入れられるかは、あなた次第です。

ちなみに、私は常に稼ぎたい目標額を達成した時の展開を考えています。いろんな面白いことが起きていると思います。それに至っていない今、何をすべきなのか。…という風に毎日の作業を行なっています。なんとしてでも結果にコミットしたいので(笑)。

 

 

 


Dr.YT公式メルマガ
ネットビジネス ブログアフィリ

    メルマガ登録フォーム  



2015-04-21 | Posted in Blog, マインド論Comments Closed 

関連記事