↓↓↓無料登録↓↓↓

ブログ記事のインデックス登録を毎回しましょう!URL検査の方法を解説


Search ConsoleのFetch as Googleが変わりました

ブログ記事を1秒でも早く検索エンジンの結果表示に登場させるための儀式、Fetch as Google。これをすることで記事公開直後のスタートダッシュができるわけですが、現在、Search Consoleの仕様が新しくなり、Fetch as Googleというモードがなくなっています。

参考記事:

Google Search Console (旧ウェブマスターツール)の登録手順を解説

Fetch as Google(Search Consoleの機能) 送信方法と意味を解説

かわりに、

URL検査

という項目でインデックス依頼ができますので、こちらを覚えていきましょう。

 

新しいFetch as Google(=URL検査)の方法

まず、旧Search Consoleを使用していた人は新しいものに変えます。

新search console

 

こんなページになります。URL検査をクリック。

 

ここにインデックス登録させたい記事のURLをコピペして『検査』を実行します。

 

登録されてません、となるので、『インデックス登録をリクエスト』をクリック。

 

これでリクエスト完了。

 

インデックスについてはこちらをご覧いただきつつ、このURL検査は記事を更新したら必ずやるクセを付けておきましょう。速報系の記事だと特に、収益に影響が出ますので。

 


Dr.YT公式メルマガ

↓↓↓無料登録↓↓↓

2019-01-14 | Posted in トレンドアフィリ講座, ブログアフィリエイトComments Closed 

関連記事