↓↓↓無料登録↓↓↓

white_stinger_header2

何故HIKAKINの年収や将来性を批評すると貧乏になる確率が上がるのか?


ヒカキンの年収が激減したとかコンビニで買い物しているとかニュースになってますが…

YouTuberHIKAKINさんは推定年収数億円ということで、もはやメジャーリーガー並みの活躍をしてますよね。

彼の収入はどうやって生まれているかというと、YouTube動画が再生されることによって生まれるグーグルアドセンス広告収入と、スポンサーが付いた動画制作をすることによる報酬の2つが大きいですね。

YouTubeに動画を投稿〜収益化する方法と公開直後の作業を解説

そして人気者であることから生まれる各種の仕事のオファーも凄いことになっているでしょう。

彼の活動をマネジメントしているUUUMも先月末に東証マザーズへの上場が承認されており、YouTuberというジャンルの職業はまさに今が旬、といった印象を受けます。

ヒカキンさんがコンビニで買い物をしているところを芸能ニュースメディアが報じたりしていますが、もう、迂闊に近所で買い物もできないくらいのところまできているんですね〜。

子供達の憧れでもあり、野球選手並みにお金も稼げるユーチューバー。何とも夢のある話ですね!

と、いう受け取り方もある一方で、

『あんなのいつダメになるかわからない不安定な仕事だよ』

『あんなの子供に真似させたくないよね。ふざけてカネを稼いでけしからん!』

『ヒカキンって動画作るのに時間かけて大変そうじゃん。あんな苦労したくないよ』

といった、彼に対する否定、批判の声も数多く聞こえてきます。

今回は、2つの側面から『HIKAKINを批判すると損をする理由』について述べてみたいと思います。

 

ロクに知識のない人が上から目線で語る評論は社会悪です

私はHIKAKINさんと同じくYouTubeを使ってグーグルアドセンスでの広告収入を得たり、WEBを駆使した各種マネタイズを日々やっています。WEBマーケターとしての活動に加えて、初心者にアフィリエイトを指導するコンサルティングもしています。

Dr.YTのコンサル実績はこちら

なので、この分野に関しては『餅屋』なので、ヒカキンさんを否定する声の中で、どうにも的を射た意見とは言えないものが目についてしまいます。

例えば、

『あんなのいつダメになるかわからない不安定な仕事だよ』

という評論。

これは一発屋の芸人が消えていくのと同じ現象が起こるだろうという予測と同じ感覚なのだと思います。

ヒカキンさんとテレビタレントの大きな違いは、自分でメディアを作りコンテンツをリリースしているか、ギャラ仕事で雇われて場所を与えられているのか、の部分です。

HIKAKINさんの場合、例えYouTubeというプラットフォームが消滅してアドセンスアカウントが停止されても、一生食いっぱぐれはないでしょう。

なぜなら、HIKAKINというブランドでコアなファンを既に多く獲得し、WEBを使ってワンマンオペレートでそれを伝える技能に熟練しているからです。

もし彼が今持っているものを全て奪われたとしても、明日からまた大きく稼ぐことは簡単に出来るでしょう。自分でワードプレスサイトを作って、そこにスマホで撮った動画を埋め込み、何か適当に広告バナーを設置するだけでも24時間で大金を稼げるはずです。

あるいはテレビタレントに転向してもいいでしょうし、WEBで露出するのを一切やめて不動産のような投資をやってもいいでしょう。

どうあがいても、そのへんのサラリーマンや会社経営者が逆立ちしたって叶わないステージにいるんです。

今後、収入が高下したり何かのハプニングに巻き込まれたとしても、高確率で『そのへんのサラリーマンや会社経営者』の10倍以上の稼ぎを生み続けることでしょう。

なのに、彼の将来を否定的に論じたりバカにすると、どうなるか。

よく知りもしないのに上から目線で自分より凄い人を評価するデキていない人

と思われてしまう危険があります。あるいは、その言葉を真に受けて勘違いや誤解をする人が増えていきます。嘘のことが本当のように広がっていく…これは社会悪です。

個人的には、凄いものを凄いと素直に認めるのが、大人としてのあるべき姿だと思っています。

もちろん収入だけがその人を評価する尺度ではありません。しかし、HIKAKINさんの稼ぎや将来性を否定する人に関しては、専門的な知識がないまま彼のカネの部分を語っているので、『デキていない』ということにもなりかねないのです。

これが、WEBマーケターとして脱サラした立場で思うことの1つです。

もう1つは、成功者を否定する人の、心の中の問題です。

 

自分よりイイ目を見ている人って、気に入らないよね?

HIKAKINさんの動画を観て『全然面白くない』と思ったり、『年収何億とかいっても別にどうも思わない』と思うことは全然アリだと思うんですよ。全然、問題ないです。観た人の勝手なので。

しかし、彼はそのうち地獄に落ちると予言したり、あんなのたいしたことない、と見下すような表現で評論する人がいたとしたら、それはちょっともったいないというか、かわいそうだと私は思っています。

過去の私がそうだったのですが、自分よりイイ思いをして稼ぎまくって活き活きと楽しく生きている人を見たら、なんかイラっとするもんなんですよね(笑)。そして、この人いつかダメになってほしいな、と。人間の悲しい性なんでしょうか…。。

理由は、誰かの成功を肯定してしまうと自分の現状を否定しなくなるといけなくなる、という側面があるからです。

『あの人いいな…』と思ってしまったら、『自分よくないな…』ということも同時に思わなければならなくなるのです。

だけど、今の自分は否定したくない。そんな防衛本能(というかなんというか)から生まれる行動が、相手を見下すという行為です。

あるいは、誰かを批評することで、『俺はそいつを批評できるだけの人間なんだ』と周囲に思ってもらいたいと思う自己承認欲求だったりとか。

しかし、そういった思考や行動、言動は決してその人を成長させてはくれませんし、収入を上げる要素にはなり得ません。

お金に困って窮屈に暮らしていて、『あと数万でも給料が上がればラクになれるんだけどな…』と内心思いながら暮らしている人(=世の中の大多数)がYouTuberの将来性を否定したり馬鹿にするのは、とにかくもったいないです。

現状をよりよくするためには、今の自分をある意味で否定して、成長するための現実的な方法を採ることしか道はありません。宝くじでも当たらない限りは。

なので、成功者の将来を否定するようなコメントをネット上で見るたびに、この投稿者の現状って絶対充実してないよな、と思ってしまうのです。

HIKAKINが、誰かを妬んで悪口を言ったりするか?と考えてみてください。実際のところはどうかわかりませんが、そんなことをするメリットや理由って彼にはないだろうね、と思う人が大多数だと思います。そう思えるだけの状況に生きていることこそが大事です。

今回述べたことは善人になるための綺麗事ではなく、収入を上げるためにはどうあるべきか、という極めて損得勘定を第一に考えた時の話です。
 

 
まとめますと、

1. 専門知識のない分野を辛口論評する人はイタい

2. HIKAKINの失敗を願う気持ちが芽生えたら心も暮らしも貧しくなる危険アリ

になります。

なお、Dr.YTがWEBでカネを稼ぐことについてどれだけのものなのか、については無料メルマガをご覧いただければ大体のところはご理解頂けるかと存じます。自由時間を使って副収入を得る初心者向けのWEB戦略も解説しておりますので是非触れてみてください〜。


Dr.YT公式メルマガ
ネットビジネス ブログアフィリ

    メルマガ登録フォーム  



2017-08-07 | Posted in Dr.YT的ビジネス論, ネットビジネス成功の秘訣Comments Closed 

関連記事