↓↓↓無料登録↓↓↓

white_stinger_header2

ネットビジネスの種類(アフィリエイト・転売・情報発信)を解説


インターネットビジネスと一口に言っても、稼ぎ方は色々ありますよね。

よく、

ネットビジネス=アフィリエイト

と思っている人が多いんですけど、アフィリエイトはネットビジネスのジャンルの1つです。

アフィリエイトという言葉の意味を知らない人が意外と多いみたいなので、これから実践する人は特に、これらの用語についての最低限の知識を得ておきましょう。

今回は、ガンガン稼いでいる人達が好んで実践している3種類のネットビジネスについて解説します。

ネットビジネス 初級 アフィリエイト

アフィリエイトの稼ぎ方

アフィリエイトとは、インターネット広告代理業の一種です。具体的には、自分のWEBサイトなどで商品を宣伝し、それが売れたら広告主から報酬を頂ける、というシステムです。

つまり、商品を売りたい個人・法人にあなたのネット上での力を貸してあげる、という活動になります。

例えば、1日の訪問者が10万人いるサイトをあなたが所有していたとします。その10万人に何かのサービスや商品を宣伝したら、買ってくれる人がいるかもしれませんよね?

モノを売りたいけどそのようなメディアを持っていない人(会社)にとって、あなたが集める10万人って魅力的なわけです。

だから、マージンを支払いますから宣伝して下さい、というオファーが生まれるのです。

この、商品を宣伝できるメディアを持ち、実際に宣伝活動する人のことをアフィリエイターと呼び、そこにセールス案件を提供するのが広告主になります。そして、この2者を引き合わせてくれるのがASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。

ASPは広告主から売れそうな案件を出してもらい、それをアフィリエイターに紹介します。アフィリエイター達には専用の広告宣伝用URL(アフィリリンク)が個別に割り当てられるので、彼らはWEBサイト上で文章や画像を使って商品を紹介しつつ、『詳しくはコチラ!』的なアフィリリンクをページ内に設置します。

そして、そこを『踏んで』セールスページまで訪問した人が実際に商品を購入したら、成約1件という形でカウントされます。

この仕組みを、成果報酬型広告と呼びます。インフォトップA8.netといったASPが人気ですね。

一方で、広告バナーをクリックしてセールスページに誘導するだけで報酬の発生するクリック課金型広告というジャンルもあります。これは購入に至らずともクリックだけで報酬が発生するので、初心者に向いていると言われています。これの代表格が、グーグルアドセンスです。

一般に、成果報酬型のアフィリエイトは報酬が高めでクリック課金型は少額、というケースが多いです。ハードルの高さに合わせた報酬額設定なんですね。

ネットビジネスというとこのアフィリエイトがメジャーな存在ですが、素人が闇雲にやってもなかなか稼げないのが実情で、正しいやり方でじっくり取り組まないと月収1万円も達成出来ないことがほとんどです。

逆に言えば、正しいやり方でちゃんと継続的にやれば、何かのアルバイトをするよりも断然収入が増えますね。^^

だから甘くはないですが、ちゃんとやれば甘い汁は結構吸えます(笑)。

アフィリエイトのスタイルは前述の通り成果報酬型とクリック課金型がありますが、集客のスタイルもいろいろありまして、ブログアフィリメルマガアフィリTwitterアフィリYouTubeアフィリ…と、メディアに合わせた各種ノウハウが存在します。

 

転売の稼ぎ方

転売とは、その名の通り転売します。

お店でモノを仕入れてきて、ネットオークションなどで売ります。全体の売り上げから仕入れに使ったお金と諸々の経費を差し引いた額が利益になるわけですが、PCやインターネットに疎い人でもとっつきやすいビジネスかもしれませんね。

ネット上で市場の動向を『リサーチ』して、店舗に出向いて仕入れる、在庫を保管する、ネット上で売りに出す、発送する、購入代金を受け取る、といった流れです。

この転売のメリットは、お金が早い段階で入ってくることです。アフィリエイトの場合、ASPからの振込は成果発生から2ヶ月後くらいになることが多いのですが、転売は即金ですね。お店を開いて商売するのと同じなので。

また、ブログなどを作って集客する必要はなく、仕入れて、売って、で完了するので商品に関する知識と手順を覚えれば開始できてしまいます。

仕入れは店舗の営業時間内に行く必要はありますが、それ以外のことは好きな時間にPCとインターネットで作業できるのも魅力です。

アマゾンで行う転売手法には、仕入れも決済も発送もネット上だけで済んでしまい、在庫を持たなくてもいいというシステム(FBAといいます)もあるんですよ〜。

基本、目の前に実際のモノが現れるので、転売は商売色が強いネットビジネスと言えるでしょう。

 

情報発信の稼ぎ方

情報発信…と聞くと、テレビやラジオ、雑誌、そしてインターネットで情報を届けること、と解釈してしまいそうですが、ネットビジネスの専門用語『情報発信』はちょっと違います。というか狭い意味を持たせています。

具体的には、ズバリ『メルマガを配信する』ことになります。そう理解して、概ね間違いはないでしょう。

何かの専門分野にフォーカスしたお役立ち情報をメルマガで配信して、その読者に対して何らかのセールスをかけていく、というスタイルが情報発信ビジネスの基本です。

メルマガを使う利点は、ブログやSNSだと読者にわざわざアクセスしてもらわないといけないのに対し、直接情報を届けられることです。肌身離さず持っているスマホへダイレクトにアプローチ出来るのは強いアドバンテージですね。

情報発信ビジネスの中でも一番稼げるのは、『ネットビジネス』に関する情報発信です。すなわち、アフィリエイトや転売などで稼いだ実績のある人が初心者に向けてそれ関連の講座を配信し、そこで教材や塾、セミナーといった教育コンテンツを販売していくという手法です。

ネットビジネスで月収数百万〜数千万を叩き出す人達は、もれなくこの情報発信を実践しています。理由は、少ない労力で大きく稼げるからです。

例えば、1,000人いるメルマガ読者に5万円のアフィリエイト報酬が出る案件(教材とか)を紹介して、そのうち50人が購入してくれたとします。すると、1発のメールで250万円の利益が出ることになりますよね?これが情報発信ビジネスの凄いところであり、魅力です。

常識で考えれば、ビジネスで100万円以上の利益を出すためには多大な人的労力や経費がかかったりするものです。しかし、メルマガでの情報発信ではたった1通のメールでそれが叶ってしまうという恐ろしい事実があるのです。

通常は何かのジャンルで実績を出した人が次のステップで取り掛かるものとされていますが、まだ実績がない人であってもアフィリエイト実践記のようなコンテンツをブログとメルマガで発信することは十分意義がありますので、最初から情報発信に取り組むというのもアリといえばアリですね。
 

ネットビジネスの共通項

いかがでしょうか。ネットビジネスの形はいろいろあれど、人とモノとお金が動くという点ではリアルビジネスと全く同じです。

違うのは、1人でも出来ること、莫大な経費がかからないこと、利益率が高いこと。これらは、どのネットビジネスでも言えることです。

なので、サラリーマンの副業としても非常にオススメできるのが、このネットビジネスなんです。

ただし、開始から初日ですぐにバリバリ稼げるかといえば、世の中のいろんな職業と同じで、それはあり得ないです。ただ、稼げるようになるまでの期間は尋常じゃなく速いです。具体的には、3ヶ月もあれば月収10万円にリーチすることも夢ではありません。

サラリーマンが会社の給料を10万上げてもらうなんて何年かかるかわかりませんし、何年かかっても無理な人だっているでしょう。

でも、ネットビジネスであればそれがアッサリと叶ってしまうんです。私はブログを使ったアフィリエイトに挑戦して、3ヶ月目で月収10万円、4ヶ月目で月収30万円を突破しました。ネットビジネスのある今の時代に、感謝ですね!^^
 
動画解説はこちら

 
 


Dr.YT公式メルマガ
ネットビジネス ブログアフィリ

    メルマガ登録フォーム  



2015-12-07 | Posted in ネットビジネス成功の秘訣Comments Closed 

関連記事