↓↓↓無料登録↓↓↓

white_stinger_header2

Google Search Console (旧ウェブマスターツール)の登録手順を解説


 

ワードプレスサイト立ち上げ時に必ずやるべき作業、Search Consoleの登録〜設定について解説します。

※Search Console(サーチコンソール)は以前は『ウェブマスターツール』の名称でした。
 
動画解説はこちら⇩

 

Search Consoleのサイトでmetaタグを取得する

まず、ワードプレスサイトに紐付けるためのGoogleアカウントを用意します。持っていない人は取得してください。

Googleアカウントにログインしたら、Search Consoleのサイトにアクセスします。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

ワードプレスサイトのURLを入力し、『プロパティを追加』をクリック。
 
次に、『別の方法』をクリック。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

『HTMLタグ』をチェックし、『content=』の次に出てくる『”』から『”』までの文字列をコピーし、他所に保存しておいてください。これを使います。

※『”』はコピーしません。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

ワードプレスのAll in One SEO Packを使ってSearch Consoleを紐付ける

次に、ワードプレスのダッシュボードから、プラグインのAll in One SEO Packの設定を行います。All in One SEO Packをまだインストールしていない人は今やっておきましょう。

プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールしてみよう

そして、『Webmaster Verification』の中にある『Google Webmaster Tools』のコーナーに先ほどの文字列をペーストします。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

ページ最下部の『設定を更新』をクリック。これ、忘れてしまいやすいので忘れずに!

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

 

最終仕上げ〜Fetch as Google

Search Consoleのページに戻って、『確認』をクリック。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

すると、『所有権が確認されました』と表示されて、設定完了です。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

で、『続行』をクリックするとこんな画面になります。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

 

この中の『クロール』をチェックすると、記事の更新毎にインデックス登録させたいURLを送信する『Fetch as Google』のページに進むことが出来ます。

ワードプレス search console ウェブマスターツール

Fetch as Google(Search Console内の機能) 送信手順と効果を解説

このSearch Consoleはいろんな機能がありますが、特にFetch as GoogleはGoogleの検索結果表示の速度に関わる重要な項目になります。ブログアフィリエイトをする人は、このページをブックマークして毎日のようにアクセスすることになるでしょう。

 

Search Console?ウェブマスターツール??意味がわかりません!!

こういうツール関係の設定って、初心者のうちは『何でこんなことやらないといけないの??』と疑心暗鬼になってしまうかもしれませんね。

今は、『稼げるようになるには必ずやらないといけないこと』という認識を持つだけでOKですので、黙々と上記作業をこなしてしまいましょう。^^

一度設定手順を覚えると全然難しくないですから、面倒なのは最初だけと思って諦めて(笑)、Search Consoleとワードプレスとの紐付けを完了してしまいましょう!


Dr.YT公式メルマガ
ネットビジネス ブログアフィリ

    メルマガ登録フォーム  



関連記事